投稿

WEBサイトを更新し続ける理由②

前回からの続きです。


「なぜWEBサイトを更新する必要があるのか」


この部分ですが、ずばり「時代に沿う」ここが重要だと思います。

ファーストインパクトでWEBサイトを訪れたユーザーはあなたの会社もあなたのことも知りません。

そこで「うん10年前のテキストWEBサイトVSレスポンシブ対応のサイト」のどちらが信頼度が高いでしょうか?
いわずとも後者だと思います。
なぜ信頼度が高いのか?

対新規客

私だったら「この会社には新しい風を感じる」「意識が端まで届いている」そういう風に感じますね。
わかりやすくうん10年前と書きましたが3年でWEBを生成するコンテンツやテーマには流行があります。

出来て3年目にもうWEB更新はいいかなと思ったら、そこからは徐々に古いWEBコンテンツとなります。

更新されていないサイトからものを買う人はいないと思います。

WEBサイトは営業マンと思うか、倉庫の一部だと思うか、

これで社内の雰囲気やアンテナの感度も変わることがあります。



対Google

WEBサイトを製作する上で切っても切れないのが「検索」です。
一般には知られていませんが、WEBの検索システムやSEO対策などは年々変わっているのです。

いつの間にか検索順位が下がってる・・・
他社が上位を占めている。


こうなってはシステムの見直しが必要になります。




それと、皆さん会社名で自社を検索していませんか?
会社名で検索するのは自社の人間か名刺を渡した方だけだと考えましょう。

自分は「OOパン」と自社を検索していても他の方は違うキーワードで「OO町 パン販売」などのキーワードで探します。
もし同町に競合他社が出来たら・・・・
間違いなく新規客の足が遠のくでしょう。
この機会損失は大きなダメージです。


ここでは簡単に「対外側」についてお話しました。(もっと書くことあるけどそのうちにでも)

10年の時を経て待望のがま磯マスターモデルIIを発表!

イメージ
いやーついにでましたね!

根強い人気で中古でも値段が落ちないマスターモデルシリーズ遂に2が発売!

さてさてがまのサイトへポチッと


http://www.gamakatsu.co.jp/client/topic/showDetail?id=278





すげーデザイン!w

ディスって申し訳ないのですががまかつの持つだけで洗練されたあの雰囲気は皆無・・・・
だんだんと派手になりますね。
私は買う気がうせました・・・期待していたモデルなだけあってちょっとね・・・


でも数年たてばこのデザインも普通になっていくのかなぁ

昔の深いメタリックのグラデーションのかもし出す「コードバン」のような煌きが好きだったんですけどね。

時代の流れですね。しょうがない。

しかしスペックは素敵です!

セパレートグリップの高級感とPCSで魚とのやり取りに優位性を持たせれる

ここは非常に大きい進化です。

ねじれにも強いし、長竿の宿命ともいえる竿ダレも若干解消されているのではないでしょうか?


そしてスクリューシート

ここのところスクリューシートの大事さを改めて痛感したのですが、(競技Ⅲは通常のタイプでした・・・)
号数が低くても標準装備なのはさすがマスターモデルですね!

そんでそんで!
釣りしてるとわかるありがたさノンスティックも完備!w
これある竿使ったらもう戻れない快適さ・・・w



あぁあぁぁぁぁぁあなやむーww
今年くらいに出そうでファルシオン我慢してたんだけどなぁぁw

あのデザインさえ受け入れられたら・・・w

まぁ時間が解決してくれるでしょうw



WEBサイトを更新し続ける理由

ども!


最近仕事が詰まっていて海を見てませんw
そろそろ禁断症状が出て携帯の電源をOFFに・・・・・なんて日までがんばらねばw

デザイナーさんならわかると思うけどなんともいえないこの右から左で終わる仕事ではないところにポリシーがありつつ他の業種にはわかってもらえない辛い部分ですが、楽しんだ者勝ちだと思うのでがんばりましょう!w

今日はお客さんから言われた一言

「何でWEBサイトって更新する必要があるの?」

何ででしょうか?w

しないならしないでもいいんですが(おい!w)

私がクライアントに言っていることは「あるだけでいいサイトと営業マンになるサイトどっちがいいですか?」とお聞きします。


結構ここ重要で、私たちも人間ですから熱意が変わってくるところでもあります。

クライアントのイメージする未来のツールとして使ってほしい気持ちがありますが、それを望まない人もいるわけです。


今回は更新するメリットについてお伝えしますね!(私なりの考えで)


とりあえず今日は寝ようw

15銀狼LBD 実釣編

イメージ
ども!秋らしくなってきたですね!



前回のビジュアルインプレに続き

今更15銀狼LBD 購入インプレ~実釣前

今回は使った感想をレビューします。

結論から言うともはや頭の中に17インパルトはありませんw

決して17インパルトがだめという訳ではありませんがカタログと比較し考えなから一日使ってみた感想ですが、そんなにかわらないものだと認識しました。



一日使うところで気になるのが

まきごこちと軽さがあると思います。

特に私はここを重視しています。

ドラグ性能を非常にうたってる場合もありますが、私の釣り方ではレバーさえあれば別にUTDでなくてもいいのです。(個人差がある部分です。)



まずはまきごこち。
いろいろな釣りをして見ました。

ワインドやメタルジグ、ふかせ、サビキなどなど




数年前の2500よりは非常に性能がいいと思います。なんか軸がしっかりしている感じ。巻き取りも100cmで計算しやすいので底とりはしやすい方。マグシールドなので、少し重いかなと思っていたのですが、ここはダイワの集大成と言い張るだけあって非常に滑らか。正直お店ではトーナメントとの違いがよくわからないくらい。

たぶんこのリールの軽快さはボディーとローターのバランスが非常にいいからだと思います。
ローターの重さを感じないです。一日釣りするにはいいなと思いました。



ハンドルがスリムになった分ちょい巻き(糸を少し張りたいときなど)がスムーズでグリップがより見やすくなった気がします。そんな気がするだけかもですが。w












UTDいらないとも書きましたが、大型の魚を目的にする場合は少し手で引けば出るくらいにしとくとハリスに負担がかかりません。なんといっても旬はあっても化け物は年中無休ですw
どのシーズンにもやってきます。





ネリゴをかけた際に思ったのですが、ギアの安定性がすばらしいと思いました。
私がαとの比較だからかもしれませんが、なんとゆうか、魚が来てもためれる、その後巻ける・・・・なんか表現しづらいですが・・・ようは走らせるけど寄せれるって感じです。これが一番びっくりしましたね。リールによるパワーロスがない。感覚以上に魚が寄ってくる。そんな雰囲気です。






あとはバックラッシュがしにくいローターとうたってありますがそこはそんなに感じませんでした。
魚がかかってベールを戻した際のラインの動きを見ていましたがここはすごくス…

今更15銀狼LBD 購入インプレ~実釣前

イメージ
ども~

9月に入って一気に涼しくなった熊本・・・そろそろ秋磯が始まりますね!

いつもは大江から大ヶ瀬小ヶ瀬や大分の鶴見で釣りしてるんですが、最近まったく天草西海岸にいけてなくて・・・

でも竜ヶ岳には行っているというねw
今年はあじご釣りを6月から始まって週1~2のペースで行ってましたね。
よくまぁそこまで行くなぁと自分でも思いましたけどw

しかし今年はあまりアジは振るわなかったなぁ。
いつもは300匹くらいは一晩で持って帰るんですが今年は100行けばいいほうだった。

水温が非常に高くて魚も夏ばてだったかもね。
今年はいろんなポイント探しに足を運べただけよかったかな
太刀魚にもあったし


さてさて15銀狼のインプレって銘を打ってたんだったw

普段ふかせでは古いんですがダイワインパルトαってリールを使っているんですが、

9月に17インパルト競技に変えようかなともくろんでいるところで・・・・






αの不調wまじかw

まぁもう10年くらい使ってると思いますし・・・・ダイワによくあるゴリ感が強くなってきて使いづらくなっちゃったので

「競技を買う前に堤防用に何かほしいなぁ」


と考えていました!

いろいろリサーチしていくと銀狼とインパルトはほとんど変わりないことが判明!
デザイン、シャロースプール、巻きが100cmであることが違います。

カラー的には銀狼のほうがすごい好きだし堤防だからいいかとすぐさまポチッ!










さすがアマゾン!仕事が速い!w熱意が冷める前に届くw


実際持ってみて思った感想ですが、比べ物にならないくらいかっこいいw
αのガンメタ感も大好きだったんですがブラックとゴールドの相性がいい。
写真で見るほどゴールドが主張しませんね!私はトーナメントのあのバブリー感が嫌いで・・・・ずっと避けてたんですが非常に質感がいい。

スプールがαに比べて非常に軽い気がします!実際計ってないけど手で持った感触ではそうかな。でも合成が低いとも感じない。
スプール非常にかっこいいです・・・・このまま使いたいけどグレ釣りでこのスプールは俺的にはなしw
使いたいけど無しw

それ以外は最近のインパルトとカラーが違うだけかな。

ちなみに銀狼もインパルトもラインローラーはプラスチックです。
5万出してそれはないよダイワさん!とすごい思いますw

しかしそこは庶民の味方ヘッジホッグスタジオ!
BB追加で最大3つ追加できて10BB使用…

遂にデビュー!17 インパルト DAIWAフカセ用リール待ち遠しい

イメージ
ども~
個人的に待っていたのでブログに書いてしまいますw

ダイワからLBDリールのインパルトが9月デビューということで非常にテンションが上がっております!












デザインも最近の風になってますねぇ~。
写真ではブラウンが入ったのと先代からのゴールドの多様がぱっとみの印象。
まだ詳細なスペックは出てませんがボディーは前回同様ZAIONなんでしょうか。
これまで2500が主流でしたが今回「2000」が出てますね!これは一日竿を振る釣り人にはありがたいかも!
巻き取りも1mありますし、軽さも240gと先代の競技に近くなってると思います!ちょっと気になりますw

写真で見た感じではエアベールですね。ここは変わってないのかな。


で最も期待できそうなのがATDドラグとベアリングが8個、軽そうなエアローターですね。
ATDは個人的には好きなのでありがたい(逆についてなかったらショボーンなりましたがw)


個人的には銀狼LBDのスペックで3000円安いって感覚。





購入する予定ですが、狙っている競技のほうは・・・・・なんかメガドライみたいな色になっちゃってますね・・・
そこだけはすごい残念。2000と悩む。


私は昔からフカセではインパルトを使っていて(トーナメントは買えない)変にインパルトが好きなんですが、今回のは正直デザイン的に悪くはない。しかし微妙だなぁと思いました。
多分買うけど。

トーナメントは憧れですが、後々ベアリング追加するのでそれだけで倍位するトーナメントを買う気になれないんですよね。2000円くらいで済んでしまいますし。今回のでトーナメントとあんまり変わらなくなった気もしますけどね。
15フリームスや予備・防波堤用の16トライソなど使っててマグ入ってますけど、そんなに悪いとは思いません。結構酷評の多いマグシールドですから。メンテはしづらいのではないかな。

まぁ触ってみて考えようかなと思います。
夏は磯つりには行かないのでこういった新作情報はモチベーションにつながるのでありがたいですね~w
買う予定の人情報お待ちしてます。


ダイワ新製品情報

明らかに水没した本革のカバン…①

イメージ
前から欲しかった青木鞄のコンプレックスガーデンというブランドのバッグ。

なんなく落札され、ひゃっほいと思っていたら…
まぁそういうのは理由があるんですよね(笑)

写真がボケててわからなかったんですが、明らかに水没した本革のブリーフケース。
出品者も書いとけよ!という気持ちと一緒に、革バックが好きな私としては、かわいそうで仕方ない気持ちになりました(T-T)

これ直らないかなぁ…と色々ネットを見てみましたが結構載ってないもんですね!(笑)
載ってても無難な感じ…

というのも、革のバックの製法はたくさんあって、ほんとブランドの数あるんじゃないかなと思います。 しばらく自分でできる範囲でやってみようかと思います❗